大久保が移籍した際の背番号は? 番号に秘め秘める意味とは

   

川崎フロンターレからFC東京に

完全移籍が決まった大久保嘉人選手ですが、

サッカー選手なら誰もがこだわるのが背番号だと思うんですね。

 

例えば10番ならチームのエースの座を託されているなど

チーム内でそれぞれの選手がどの役割があるか番号で決まっているんですね。

 

今回はそんなサッカーの背番号と

大久保嘉人選手について調べて見ていきますね。

スポンサーリンク

大久保嘉人のちょっとマニアックなプロフィール

  • 名前      大久保嘉人
  • 出身      福岡県
  • チーム在籍歴  セレッソ大阪→RCDマヨルカ→セレッソ大阪→ヴィッセル神戸→ヴォルフスブルク→ヴィッセル神戸→川崎フロンターレ→FC東京
  • 社会貢献歴   長崎県に児童学習塾を作っている
  • 知られざる能力

一見、FWとしての得点能力が高い言われているが、

トップ下、右MF、左MF、ボランチでもこなすことができ、

川崎の監督からもお墨付きをいただいています。

 

また2015年からはMr. childrenやナオトインティライミが

所属する芸能事務所のエンジンともマネージメント契約をしていて、

サッカー以外でもマルチな才能を発揮しています。

 

大久保嘉人がこだわる背番号は?

 

個人的には大久保さんのこだわりがある背番号は

13番だと思います。

 

川崎でも13番を背負い名が得点王に輝きましたし、

プロフィールに書いてあった児童学習塾の名前でも

べトレーセで輝ける13番という意味をスペイン語で名づけました。

 

セレッソ大阪時代には背番号10番もつけていたんですが、

さすがにチーム新参者が10番を背負うのには無理があるし、

新しいチームメイトも望まないと思います。

スポンサーリンク

wikipediaでもFC東京の13番の背番号を調べて見ましたが

現在13番の選手は見当たりませんでしたし、

僕の予想では何もなければ13番なんじゃないかなと思います。

 

案外みんなに知らていない背番号に込められた意味

 

もちろん余った数字これだからとかで

背番号が割り振られることもあると思うんですが、

 

背番号の意味を調べたんですが、

もともとは昔にポジションの振り分けだけに使われていたようで

特に特別に数字の意味があるわけではないんですね。

 

なのでDF寄りの選手には小さい背番号の方が多いですし、

トップに上がるにつれて大きくなっていきます。

 

そして背番号が特別視される理由としては

過去に偉大な選手がつけた番号と同じだから

という理由が有力です。

 

例えば7番だと

ビッククラブの一つであるマンチェスターユナイテッドでは

偉大な功績を残した伝説的選手だけがつけることを許されています。

 

10番だと昔にサッカー界に伝説を残した

ブラジル元代表のペレがつけていた番号です。

感想

 

番号は結局は番号ですが、

それが選手のシンボルになるわけですから、

注目しておいて損はないと思いました。

 

大久保選手が13番以外の背番号を

つけていた時には

個人的に驚かされますね(笑)

 

予想が大失敗には終わりたくないものです。

スポンサーリンク

 

 

 

 - エンタメ(国内), スポーツ